今夜も美味しいお酒が飲めそうです。

婚約破棄し、会社も辞めた30代女性が生き方を変えようと奮闘しているブログ

私の北海道地震①

突然やってきた地震

9/6 午前3:08 家が揺れるようなゴォーと言う音で目を覚ます。

 

前日は暴風雨が北海道を襲っていたため、

 

「強風!?」っと一瞬思った。

 

隣で寝ていたパートナーもすぐに目を覚まし二人で身を寄せ合って震えた。

 

パートナーがすぐに

 「地震だ!」と言ったので地震だと認識することができた。

 

ゆりかごのような大きな揺れではなく、ガタガタガタガタと小刻みに強く揺れた。

 

揺れが治まると私たちはベッドから飛び降り、真っ先に居間の間接照明とテレビをつけ、状況確認を急ぐ。

 幸い、地震後何分間かは通電しており、北海道に何が起きているかざっくりと知ることができた。

 

厚真町という町で震度6(当初の発表は震度6でした)私たちが住んでいる地域は震度5強。この地震による津波の心配は無いとのこと。

 

「いやー!こんな揺れ初めてだった!」「恐かったね!」

 

と話していたのもつかの間、

 

「プツン」

 

と言う音と共にテレビと間接照明が消えた。

 

 

やってきた停電初夜

「あーあ」

北海道は前日も暴風により停電に見舞われていた地域があったため、

地震後、テレビを見ている数分の間も“停電”という言葉はなんとなく頭に浮かんではいた。

 

 

私とパートナーは各々の携帯電話に届いた

「大丈夫だった!?」と言うメッセージを返信しながら数分間途方にくれていた。

 

 

また寝るのも恐いし、、電気はしばらくつかなそうだし、、

何となくカーテンを開けると、月明かりが明るいことに気づく。

 

部屋も蒸し暑かったためついでに窓を開けると、尋常では無い消防のサイレンが響いていた。

どこか遠くの建物からは

 

「火災発生!火災発生!」と言うサイレンも鳴っている。

 

外からは異常事態である空気感がひしひしと伝わってきた。

 

 窓から外をぼーっと見ていると、明かりを持った人々や自転車に乗った人がまばらに行き来する様子が見えた。

 

「こうゆう時、人はじっとしていられないんだな。」

 

とぼんやり考えつつ、万が一、急に避難しなくては行けなくなった時のため、最低限の身支度をした。

 

「ちょっとコンビニ行ってみようか!」

パートナーのこの発想が後々大きく、心の余裕を生むことになる。

 

 

深夜の買い出し

外に出ると、窓から見ていた印象よりたくさんの人が行き交っていた。

電源が取れる車に避難している人や、とりあえず「恐かったねぇ。」と語り合う人たち。

 

私たちは家から近いコンビニを順番に回ることにした。

 

まず1件目。

道民にはお馴染みのセイコーマート

いかにも昔ながらの商店のおばちゃんが経営している、普段から最もよく利用するコンビニだ。

 

明かりが全く灯らずシャッターも閉まっている。二人とも神妙な面持ちになったが、

「てか、ここ元々、営業時間外だわ!」

そう。セイコーマートはコンビニでありながら24時間営業では無い店舗がある。

私たちは「わはは」と笑いながら2件目のローソンを目指す。

 

ローソンの前には何台か車が停まっていて、自ずと期待感が上がった。

だが、ちょうど営業が終了したところのようで、若い男性の店員2名がドアに鍵をかけているところだった。

 

「すいません!もうやってないんですか?」

 

「電気が無くって、レジが動かなくて…」

 

なるほど。。

緊急の間接照明でいくらか明るい店舗の周りに、販売を断られた人たちがポカーンと座っていた。

 

私たちは気を取り直して3件目のセブンイレブンを目指した。

そのコンビニに行くためには道路を渡らなくては行けないが、これがものすごく恐い。

 

信号は全て消えているため、みんな感覚だけで運転している。

 

私たちは轢かれないように大きく手を上げて道路を渡った。

 

セブンイレブンは近所の繁華街にあり、さっきまでお酒を飲んでいたであろう人たちが、まるで他人事のように興奮気味に自分の状況を電話で話している姿が目立った。

 

いざコンビニにつくと、信じられないくらいの長蛇の列。ミネラルウォーターやパンはとっくに売り切れているようで、私たちは2リットルのお茶とカップラーメン数個、カロリーメイト2箱、いろはす(味付)の500mlペットを2本買った。

 

停電がどれくらい続くか検討もつかず、何をどれだけ買えば良いかわからなかった。

 

【割と】週4バイト、フリーターの生活固定費の内訳【楽しくやってます】

f:id:azuchangchang:20180731232807j:plain

Photo by rawpixel.com from Pexels

表題は私のことです。

フリーランスだけど、実質フリーターみたいな生活を送っております。

 

2018年4月から本格的にフリーターになりました。

もらうお金は減ったものの、自由に使える時間は増えて、それなりに楽しく暮らしています。

 

少ないお金で暮らしていくに当たって、鍵を握っているのは「固定費」だと思います。

 

毎月使う額が変わる「交際費」などではなく、毎月一定の「家賃」などですね。

 

自分への振り返りを兼ねて、現在の固定費を記していきたいと思います。

 

こんな感じです。

・家賃……30,650円  築5年のマンション(1LDK)をパートナーと折半した額

・食費……15,000円  結構節約している感じあり

・光熱費……10,000円 電気・ガス・水道含めてこんな感じかなぁ

・健康保険……9,000円

・住民税……2,000円  ※2ヶ月に1度4,000円支払い

国民年金 免除申請中

・通信費……12,000円 プラベート+事業用携帯+インターネット通信費

・交通費……8,000円

 

合計:86,650円

 

固定費、結構下げたつもりだったけど、こうして数字で見ると結構な額ですねw

 

自由に使えるお金は?

私は現在派遣のアルバイトで週4日、8時間勤務しています。

時給は1,000円なので…

給与はざっくり計算して、

128,000円(1,000×8H×4日×4週)

128,000-86,650=41,350円

自由に使えるお金は41,350円

おおー!固定費が意外とかかっていると思いきや、自由に使えるお金は結構ありました!

まぁ、この中から貯金もして、、という事になるのでなかなかやりくりは大変ですが・・・

 

それでも忙しすぎて、何にどれくらいお金を使ったかも把握していなかった時代よりもうーーんと幸福度が高い感じがします。

 

何か、見栄を張る事をやめたら、グッと物欲がなくなりまして、

これぐらいの額でも何とかうまくやれるようになってきました。

 

時間ができた事によって、お金にも丁寧になれている感じがします。

何とか少ないお金をうまく使ってこの生活を保持していきたいなーーーと考えています!

 

頑張る人生について

 

f:id:azuchangchang:20180730111837j:plain

Photo by Kat Jayne from Pexels

 

昨日の日記を書いていて思ったのですが、

私、随分と頑張る人生を送って来たなぁーと思いました。

頑張る人生、ツラカッタ(;;)

そんな、自分を慰めるべく、迂闊にも頑張ってしまった人生を振り返ってみようと思います。

 

▼昨日のブログ 

azuchangchang.hatenablog.com

 

 

いつ、頑張り始めた?

これ、振り返って見ると意外にも幼少期は頑張った記憶がほぼ無いんですよね。

小さい頃は勉強も習い事も、全部なぁなぁでした。バスケットの少年団もすぐ辞めたし、、

頑張り人生が始まったのは「中学生」からですね。

何を頑張ったかと言うと「勉強」です。

 

 なぜ頑張るのか

勉強を頑張り始めた理由は二つあって、

・成績が上がって人に褒められるのが嬉しかった

・勉強の出来る兄に憧れていて同じ学校に通いたかった

と言うものがあります。

 

特に「人から褒められるのが嬉しい」と言う気持ちは大きかったです。

要するに、認められたい気持ちが大きかったんだと思うんです。

多少、気難しい性格でも勉強さえできれば、褒めてもらえる。大人や友達に認めてもらえる。

「頑張って、もっと周りに認めてもらいたい」 そんな気持ちは20代後半まで大きく膨らみ続け、いつの間にか自分を追い詰めていってしまうのでした。。

 

頑張る事は悪い事なのか

これについては何とも言い難いですね。。

頑張った人にだけ見える景色もあるような気がするし。。

ただ、頑張る動機が「人に認められる為」だと自分を追い詰めてしまうなぁーと思います。

「自分に認められる為」と言う動機だと幾分か人生が楽しくなると思います。

そして、努力と頑張るって全く別モノだなーとすら、最近思います。(これについてはまた別の機会に書きたいな)

 

夏休みみたいな人生

f:id:azuchangchang:20180729203859j:plain

Photo by Nubia Navarro (nubikini) from Pexels

 

最近、夏休みみたいな人生だなー。と思うことが増えました。

「人生の夏休み」ではなく「夏休みみたいな人生」です。

 

 

 

日常の過ごし方

最近はというと専らゆるふわで生きています。

アルバイト週4日+小さな事業

この2つです。

この文脈で行くと小さな事業が成功していてそれなりの副収入があります!

とかのブログになりそうですが、全然そんな事ないです。

事業の方は今のところ収益0です。むしろ初期投資ばっかり。

 

頑張ること、やめました。

頑張ること辞めました。最近。

資格を取得して、4月に事業を始めた頃はめちゃくちゃ意気込んでまして、バシバシ営業して早く収益化するんだ!と意気込んでいましたが、すぐすぐ芽を出す事は難しいなー。と悟り、末長く楽しく付き合って行くほうが成功する確率高そうだと考えました。なので、今は最低限のバイトをしてブラブラ楽しみながらやっております。

ちょっと前までは変に自分に厳しくて、ちょっとでも頑張れない事があったらスゴイ自己嫌悪に陥ってたんですよね。

更に、私は人と比べる癖があって、自分がみんなより劣っているところを見つけてきては自分を鼓舞して頑張っていたのですが、何だか急にどうでも良く思えてきて、、

頑張る毎日から卒業しました。

 

もはや余生に入った感じがある。

週4はバイトに行くんですけどね。

良くも悪くも時給制なので、それ以上でも以下でもない仕事をして帰ってくるって感じです。毎日。で、帰ってきてもう一つの事業のことをちょこちょこやって、寝る。って感じです。もう一つの事業のことは完全に自分がやりたくてしょうがないことなので、辛くない。むしろ楽しい。そんな毎日を淡々と繰り返してます。

物質的な贅沢は全然できないですけどね!でも、贅沢ってお金無くてもできるんだなって気づきました。嘘みたいな話ですけど、、

自分のこと想って、応援してくれるパートナーがいて、好きなことができる時間がたくさんあって、、なんか贅沢な人生だなぁって思います。

 

車買って、家買って、結婚式挙げて、新婚旅行して、子供持って、とかがない人生なので、もはや余生みたいだなって思います。(あ、でもたまには旅行したい)

そんな人生、味気ないっていう人もいるとは思うけど、自分は今のところこれでいいかなぁって感じで生きてます。

久しぶりのブログ更新

いやいやこのブログ、、恐ろしく更新をしていませんでしたね〜、、

前回のブログ更新が昨年の8月だからおよそ1年。。。

去年と今の変化を書くと・・・

 

 

大きくはこの3つですね。

在宅ワークは卒業

 

f:id:azuchangchang:20180728104207j:plain

これは在籍していたところが他社に事業を譲渡する事になり、

それに伴って、就業条件諸々が変わってしまったので、退社する事にしました。

いや、しかし在宅ワークは最高でした。大変な事もあったけど、とにかく全般的に最高でした。(これは後日まとめよう)

 

カウンセラーの資格は取得

 

f:id:azuchangchang:20180728104425j:plain

いやー学科の勉強に苦労しました。だけどもなんとか取得。勉強自体も大変だったんだけど「この試験に落ちてしまったら、次、どうしよう?」という焦る気持ちと戦うことが大変だったかな。うん。

 

フリーランスのカウンセラーとして活動開始した

f:id:azuchangchang:20180728104540j:plain

 

一番大きな変化としてはここですね。資格取得してからなんとか手探りで活動しています。企業に営業行ったり、イベントを開催したり。もちろん、生計が立てられるような感じではないのでアルバイトと掛け持ちしています。今はこれが一番楽しい!

 

こうして見ると、去年思い描いていた事はだいたい達成できてるんだなぁー!自分でも驚き。。これからも思いついた時にこのブログを更新したいなと思います。

 

姉が心配だ。

私の姉は感覚型で行動的で、理屈抜きで行動して都会で輝いている。

 

私のあこがれの存在だ。

 

うちは3人兄弟で、姉・兄・私の編成。

 

兄は私と性格がとても似ているので、2人とも姉に憧れているところがある。

 

昔から3人きょうだいで、姉は学校での成績が1番悪く、両親をハラハラさせていた。だけど持ち前の明るさと人懐っこさ、ここぞという時の瞬発力で都会の一流化粧品メーカーに勤め、なんだか華やかでキラキラした生活を送っていた。

 

人を心配させることの多い姉だが、結婚し子どもも産まれ、東京に自宅を構え、一流企業に就職した。毎晩、飲み歩く姿はSNSに頻繁にアップされるものの、「まぁ、都会はそんなもんなのかね」「あの子の周りにはいつも人が集まるね」など、家族一同、微笑ましく見守っていた

 

今年の夏、姉は2週間ほど帰省していた。姉が帰って行ったあと、家族そろって「姉が心配だ」という話をした

 

以下、姉が心配な理由

 

1.SNSを見ている限り、飲み会が多すぎる

昔は週末だけだったように感じていたのだが、ここ1年ぐらいはホントに毎日である。姉は東京でもかなり家賃の高い地域に住んでいて(超駅チカ)おしゃれな飲食店がそこらじゅうにひしめいている。クリエイティブな大人や、高給取りが住んでいる地域のためか日ごろから豪華で刺激的な出会いがあるのだろう。お金とか、家族との時間とか大丈夫なんだろうか??

 

2.異常に社会性がない

いや、昔から少し社会に適合していない部分はあった。。。が、しかしこの度の帰省は少し異常であった。

今回は兄家族、姉家族、私でキャンプに行ったのだが子供の事は終始放って置きっぱなしでほぼ一切面倒を見ない。準備も片づけも一切手伝わない。昔からそうゆう空気が読めないところはあったけど、「仕事で疲れてるんだから、仕方ないよね~」とか「まぁ姉ちゃんはそうゆうキャラだし、居てくれるだけで楽しいからいっか」と。昔はそれで済む程度だったんですけどね。これには兄も兄嫁もゲンナリ。。。本人も気付かぬまま敬遠されていないか不安です。

 

3.異常にものを忘れる

携帯を月に3回も失くす。サイフやチケット類など絶対に忘れてはいけないものを忘れる。いや、これぐらい結構あるやろ~笑 と思うでしょ??でも頻度が半端じゃない。フェス行くのにチケット忘れる。飛行機乗るのにチケット忘れる。ほぼパーフェクトでやるんだよ??それも20代の前半の頃とかなら解るのです。。。でもさ、さすがにこうゆうの段々減っていきません!?私ももともとこうゆう抜けてるところがすごくある人間なのですが、これはある程度、努力でなんとかできる!!!!間違いない!!!!

 

・・・物を忘れるという行為自体じゃなくてそうゆう自分を改善したり気をつけようとする気持ちや時間が無いことが心配。。。そのうち大きな事故につながったりしないかな。。。

 

きっと、毎日、刺激が多すぎて自分の中で咀嚼できてないんじゃないかしら。家族として、妹として、姉のことをとても尊敬し、大切に想っているが故に心配です。

子どももいて、仕事も大変で、周りの誘いにもこたえて・・・いつまでもオシャレな自分でありたくて・・・色んなことがとっちらかって大変な状態なんじゃないかな??

 

姉さん。遠い北の国で家族は心配しています。どうか自分と家族を大切にしてください。

 

さあさあ、今夜も美味しいお酒飲みますよー!

 

地元の友達に会いたくない

できれば地元の友達に会いたくない。

 

 

それは何故か?

新しい生活が楽しいからです!! 

 

そう。私は今年の1月から地元を離れ、人の目を気にせず楽しく好きなように生きているのです。

 

故に「テンションを下げられたくないな〜」そう思うのです

 

私が地元の友達に会いたくない理由

「話題が変わらない」

そう。これなんです。なんだか話題の質が上がってないんですよね。いつもいつも同じパターンの話で飽きてしまっておるのです。もういいんだ。私は。そういうのは。

 

「ずっと気持ちを封印してきたけど、どうも苦手なやつがいる」

いや~、ほぼこれだな!ずっと「何かなぁ~合わないなぁ~えっ??そう思ってんのって私だけ??」という人がいる!大人になってある程度自分の性格が固まってからの出会いとは違い、中学のグループの付き合いとかだとこんなジョーカーみたいな人、混ざってません??

 

「お金と時間がもったいない」

私は自分に正直に生きるようになって、お金と時間の尊さを再確認した気がする!人生を楽しく、有意義にする為にはこの二つが絶対的に必要!!そう。私はこの2つを大切にして幸せに生きていきたいのだ

 

じゃあさ、こんなに理由がハッキリ解ってるんなら行かなきゃいいーじゃん!!

うんうん。自分でもすごーーーーくそう思う!!!!

でもなんだろ。何だか罪悪感のようなものに肩を叩かれてるような感じがする

 

私が地元の友達の誘いを断れない理由

カウンセラーを目指している自分が人との関りを拒んでどうする??

そう。私は働く人の悩みを聞くようなお仕事がしたくて・・・そんな人がさ、友達の近況に耳を傾けられなくてどうする!?そんな事を思ったりしちゃうのです

 

今回に限っては中学時代の親友の「妊娠」ということがある

ん~・・・会ってお祝いしてあげないのってどうなんだろ??その子はがっかりするんじゃないだろうか??・・・でも、その子も本当に今、会いたがっているんだろうか?

 

今後フリーランスで仕事の幅を広げていく為に色んな人に会っておいたほうがいいんじゃないか??

なんか勝手なイメージなんですけど・・・フリーランスで仕事している人とかって色んな人に会っている気がするんだよなぁ・・・どういうところがきっかかけになるか解らんしなぁ

 

結果として・・・

恐らく私は明日行かないんじゃないだろうか?笑 断れない理由をざっと書いてみて・・・こんなもんかい!!!!ってなったので。結局ね、カウンセラーという職業がどうこうって思うならやっぱり心身共に余裕がないといかんなと思いました。

 

そして、苦手な人のどこが苦手かって・・・その人がいると何かいい話ができなくなっちゃうからなんですよね(汗) だから行ったところで結局、テキトーにふざけて帰ってくるだけになっちゃうんで。。。そうゆうの、もうお腹いっぱいなんで・・・

 

書いてみて良かった!!すっきりした―!!

今夜もおいしいお酒が飲めそうです☆