今夜も美味しいお酒が飲めそうです。

婚約破棄し、会社も辞めた30代女性が生き方を変えようと奮闘しているブログ

なーんで産業カウンセラー??

みなさんこんにちわ!アズチャンチャンです。外の気温もずいぶん温かくなってきましたね〜^^

前回はカウンセラーになりたいと思った理由について書き記したのですが、

 

azuchangchang.hatenablog.com

 

今回は数あるカウンセラー資格の中で何で産業カウンセラーだったの??ってことを書いてゆきます^^

 

1.最初はキャリアコンサルタントの資格を取ろうとしてたんだけどね…

そう!こうして思い出すと最初は「キャリアコンサルタント」の資格を取ろうと思ってました!

友達でこういった仕事をしている人がいて、真っ先にイメージがつきやすかったのです。そして、何やら成長業界である臭いがプンプンしたのでとりあえず真っ先に検討しました。

資格取得にどれくらい金かかるかな〜とか最初にインターネッツで調べようとするじゃないですか…みんなもきっとまず、そうすると思います…するとね…

「きゃ〜!同じような名前の資格がいっぱいでてくる〜(困惑」

どれがええねん!と、まぁまずちょっとやる気なくしました。笑 

matome.naver.jp

 

2.まずは働く人の悩みを広く、ざっくり聞きたいと思った

まぁ、当然キャリアコンサルタントってのは転職や適職を探してる人の話を聞き、アドバイスする職業なんですよね。魅力的なんだけど、自分が思い描いているのとは何かちょっと違うな〜と思っていて…自分は何かもっとこう…グチでも夢でも目標でも何でもざっくり話してほしいなぁ〜と思ったのです!人間モヤモヤしてることをハッキリ言葉にしたり、口に出す事で8割方解決できるんじゃないかなぁ〜と思っていて…

そんな中、出会ったのが「産業カウンセラー」でした。

「傾聴」という聞き手としてのプロフェッショナルな技術を身につけ、働く人や企業の悩みの種を摘み取っていく仕事…だと思ってる!(現状、私はまだ産業カウンセラーになれてないので)

「これやん!」ということでお勉強する事を決めました。

 

↓詳しくはこちらです。とても解りやすいHPです。貼らせていただきます。

一般社団法人 日本産業カウンセラー協会

 

3.他の心理カウンセラー的な資格は無理ゲーだった

他にも、心理カウンセラー系で有名な資格ってあるんだけども有名どころの「臨床心理士」とかはまず指定大学院を卒業しなきゃ取得資格をもらえないので職業訓練校卒の私には現時点では無理ゲーでしたw 他にも、独立開業するなら手っ取り早いかな〜と社会保険労務士を目指した期間が1ヶ月ほどありました。笑 でも、あれも前年度合格率4.4%っちゅ〜難関試験で、1発合格の自信が持てず、早々に撤退しました。笑

 

まぁ、世の中、資格っていっぱいあるもんですね〜…どれを勉強したら自分の欲しいスキルが身に付くのか…それを探すのにも一苦労です。笑

 

いよいよ今週末は開講式なのでとても楽しみです^^