読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今夜も美味しいお酒が飲めそうです。

婚約破棄し、会社も辞めた30代女性が生き方を変えようと奮闘しているブログ

心のどこかで恐れていた親友の結婚式が終わった話

f:id:azuchangchang:20170508120219j:plain

by:^@^ina

 

心のどこかで恐れていた親友の結婚式が終わった。

 

私は親友のことはホントに大好きで。人生で楽しかった時期もどーしょーもなく辛かった時期もお互い見てきた。高校時代から続く長く深い友情で、社会人になっても週2ペースで毎週遊ぶ時期もあれば、年に2回ぐらいしか遊ばなくてなんとなぁ〜く波長が合わない時期もあったりした。そういえばルームシェアをしてた時代もあって、その時は何も怖いものがないくらい楽しかったな。

 

最近は引っ越してお互いご近所になったこともあり、飲みに行ったりして楽しいお付き合いを続けていた。

 

じゃあ何が恐いのか??

f:id:azuchangchang:20170508120338j:plain

by:» Zitona «

 

まず1つは先に結婚してゆく親友の幸せそうな姿を見て、万が一、自分が嫉妬してしまったらどうしようということ。これについては何度も自問自答をし、意外と嫉妬したりはしていないという結論に至っていた。でも、万が一、当日会場に行って「嫉妬」の二文字が頭をかすめたりなんかしたら…!!自己嫌悪で爆発してしまいそうなのである。

 

2つ目は「昔の友人に会うこと」である。恐れている事の8割がこれ。同い年の友人はもうみんな結婚していて子供がいたりするのである。しかもみんな中々いい仕事に就いていたりして何だか見下されそうで恐いなぁ〜と思っていた。

 

実際に式が始まると…

な、なんということでしょう…。そんな2つの懸念事項を頭によぎらないぐらい楽しい式だったのです!!自己満足に甘んじない、参加者を楽しませる仕掛けの数々!!

これが社会経験をある程度積んで来た30代の結婚式かっ…!!

式の間で度々垣間見える思いやりの気持ち。手の混んだパーティ。ああ。大変だっただろうなぁ。嫉妬なんて気持ち。微塵も感じさせるスキがありません。

アイツ…やっぱりいいやつだなぁ。

 

「昔の友人に会うこと」これも意外にとても楽しかった!!私は表向きには結婚していないため(これはまた後日)私に結婚の話をふってはいけない雰囲気こそあったものの、昔話が楽しすぎて、大人になった友人に会えた事が純粋に楽しかったのだ!!

話をしていると結婚したみんなはみんなで当然苦労があるのだという事が透けて見えた。だがしかし、子どもも旦那も置いて久々に一人の女性としての自分に戻れている貴重な瞬間である。辛気くせぇことは言ってる場合じゃねぇ!!と言わんばかりに飲んで、食べて、しゃべって、笑って、写真撮って、めちゃめちゃ楽しんでいた。

 

男友達も男友達で、地元から離れた土地の結婚式でめちゃめちゃハシャイでいた。仕事での立場も、家庭での役割も忘れ、無我夢中で楽しんでいた。

 

そう。久々に会った友達はやっぱり最高にいい奴らだったのだ。私はひょんなことから「自分の人生は上手くいっていない」と思い込み、どんどんどんどん卑屈になって、勝手にみんなから疎遠になっていったのだ。私の青春時代を最高に楽しく彩ってくれたメンツはやっぱり最高な奴らだったのだ。

いつだって物事の真実は自分の心持ちで変わってしまうんだなぁ。。。

 

そして、それぞれの道へ…

f:id:azuchangchang:20170508120415j:plain

by:Chris g Collison

 

そして式は最高にハッピーな雰囲気のまま朝まで続いた…三次会のカラオケが終わる頃にはすっかり朝日が昇り、外は嘘みたいに明るくなっていた。

「いやー、最高に楽しかった…。」「帰りたくねー」みんな口々にそう言っていた。でも、これを機会に連絡を取ってこれから定期的に……とは正直ならないと思う。

みんな家に帰ればそれぞれの暮らしや人生、愛おしい家族がいる。30歳…がむしゃらだった20代とは違い、冷静かつ情熱的に自分の人生を切り拓いていかなきゃいけない時期に本人達も気づかぬまま突入していた。いろんな事に挑戦したり諦めたりしている。そんな緊張感たっぷりで世知辛い時期に無邪気だった自分たちに戻れる機会があってよかった。少し遅めの30歳の結婚式はそんなステキなものだった。新郎さん新婦さん、心から結婚おめでとう!!そしてステキな式をありがとーーーーー!!!!

 

結婚式の楽しかった写真を見ながら、今夜も美味しいお酒が飲めそうです。