今夜も美味しいお酒が飲めそうです。

婚約破棄し、会社も辞めた30代女性が生き方を変えようと奮闘しているブログ

頑張る人生について

 

f:id:azuchangchang:20180730111837j:plain

Photo by Kat Jayne from Pexels

 

昨日の日記を書いていて思ったのですが、

私、随分と頑張る人生を送って来たなぁーと思いました。

頑張る人生、ツラカッタ(;;)

そんな、自分を慰めるべく、迂闊にも頑張ってしまった人生を振り返ってみようと思います。

 

▼昨日のブログ 

azuchangchang.hatenablog.com

 

 

いつ、頑張り始めた?

これ、振り返って見ると意外にも幼少期は頑張った記憶がほぼ無いんですよね。

小さい頃は勉強も習い事も、全部なぁなぁでした。バスケットの少年団もすぐ辞めたし、、

頑張り人生が始まったのは「中学生」からですね。

何を頑張ったかと言うと「勉強」です。

 

 なぜ頑張るのか

勉強を頑張り始めた理由は二つあって、

・成績が上がって人に褒められるのが嬉しかった

・勉強の出来る兄に憧れていて同じ学校に通いたかった

と言うものがあります。

 

特に「人から褒められるのが嬉しい」と言う気持ちは大きかったです。

要するに、認められたい気持ちが大きかったんだと思うんです。

多少、気難しい性格でも勉強さえできれば、褒めてもらえる。大人や友達に認めてもらえる。

「頑張って、もっと周りに認めてもらいたい」 そんな気持ちは20代後半まで大きく膨らみ続け、いつの間にか自分を追い詰めていってしまうのでした。。

 

頑張る事は悪い事なのか

これについては何とも言い難いですね。。

頑張った人にだけ見える景色もあるような気がするし。。

ただ、頑張る動機が「人に認められる為」だと自分を追い詰めてしまうなぁーと思います。

「自分に認められる為」と言う動機だと幾分か人生が楽しくなると思います。

そして、努力と頑張るって全く別モノだなーとすら、最近思います。(これについてはまた別の機会に書きたいな)